年代別記事一覧

年齢によって肌の状態は変わります。肌質に合わない化粧品を使用していると、吹き出物が悪化することがあります。そのため、20代には20代に合った吹き出物対策化粧品を使う必要があります。周期的にできる吹き出物をケアする吹き出物対策化粧品がオルビスです。月1回の不調期は吹き出物ができやすくなっています。それは、肌のバリア機能が低下するからです。オルビスは、肌のコンディションを整える紫根エキスと甘草エキスを...

30代からは肌の状態が急激に悪化します。20代のころに比べて肌の水分量が減少したり、ターンオーバが遅れてトラブルがでやすくなるのです。20代の肌とは違うので、30代には30代にあった吹き出物対策化粧品を使用する必要があります。ラミューテは女性ホルモンに着目した、大人のための吹き出物対策化粧品です。ホルモンバランスが乱れる、皮脂分泌が過剰になったりターンオーバーが乱れて、吹き出物ができやすい状態にな...

吹き出物は、10代20代にありがちな肌トラブルではありますが、この年齢を超えたら、これらの肌トラブルとは無関係と言うわけではありません。お肌の曲がり角をとっくに過ぎている40代でも、吹き出物は出来ますし、肌代謝が低下して皮脂の過剰分泌が起こることにより、40代でも吹き出物は大量発生します。こういった原因で出来た40代の吹き出物を改善したい場合には、皮脂をコントロールする為のスキンケアが必要で、吹き...

吹き出物は思春期にできるものだと思っていませんか。しかし、40代でも吹き出物はできます。特にあごの吹き出物ができやすくなっています。あごは乾燥しやすく乾燥によって毛穴がつまるため、あごの吹き出物ができやすくなっています。また、ホルモンの影響もあごにでやすいです。40代のあごの吹き出物のケアのポイントは、乾燥対策とホルモンバランスです。あごの吹き出物のための化粧品がメルラインです。吹き出物の原因の乾...

50代で出来る吹き出物の原因は、お肌内部の乾燥から来ているものがほとんどですから、保湿が改善の鍵を握ります。お肌を乾燥から守って、潤いを与えてあげることで改善させる事が出来ますから、この肌トラブルを改善させるのは難しいことではありません。乾いた素肌を浸透保湿してあげることにより、50代で出来る吹き出物の原因をなくす事が出来ますし、浸透保湿の効果により、お肌の老化も防いで、若々しいお肌へと導くことも...